「GIVE & TAKE 「与える人」こそ成功する時代」

2015-08-22

「GIVE & TAKE 「与える人」こそ成功する時代」

アダム グラント(著)楠木 建 (翻訳) 三笠書房

保険のトップセールスである江上治さんから勧められた本です。

膨大な科学的な調査から人間を3つのタイプに分類して、

人間のあるべき姿を結論つける快作です。

・ギバー(人に惜しみなく与える人)

・テイカー(真っ先に自分の利益を優先させる人)

・マッチャー(損得のバランスを考える人)

ビジネス上では、最初はテイカーが勝ちますが、

最後は本性がばれて、自壊して行きます。

ギバーにも2つのタイプがあります。

自分がボロボロになるまで与える自己犠牲タイプのギバーは、

テイカーに完全に奪われます。

自分をコントロールできる他者志向タイプのギバーは最後に勝ちます。

シンプルでわかりやすい理論です。

つまり、単に「見返りを期待せずに与える」だけでは、

成功の条件は満たされないのです。

両者の違いは「自己犠牲タイプ」と

「他者志向タイプ」というキーワードで語られています。

「自分を犠牲にして与えていれば、

すぐにボロボロになってしまうだろう。

「他者志向」になるということは、

受けとるより多くを与えても、

けっして自分の利益は見失わず、それを指針に、

「いつ、どこで、どのように、誰に与えるか」を

決めることなのである」

成功するギバーは、自分を犠牲にすることなく

相手の利益にも強い関心を示し、

「ウィン・ウィン」の関係を築きます。

他者に利益を与えることは、

何も自分の利益を削ることとイコールではないからです。

「与える人はその一歩先を見る」という言葉が

ギバーの本質を見事に言い表しています。

トップセールスの人は自然と、

他者志向タイプのギバーになるのです。


■仕組み経営に興味のある方は以下をクリックしてください。

マイケルE.ガーバーの教え「起業家の神話」

「起業家の神話」2時間集中講座

世界一のスモールビジネスアドバイザー、マイケルE.ガーバー 起業家の神話

無料メールセミナー

仕組みかワークシート

事業計画書フォーマット

口コミマーケットプランフォーマット

「社長が3ヶ月いなくても成長する会社を創る方法」5000円有料動画セミナー

無料オンライン講座

「忙しいけど、売上が伸びない。」「自分がいないと会社が回らない。」「個人事業主から抜け出せない。」 もしあなたがこのような悩みを抱えているのであれば、「起業家の神話」は役に立つでしょう。世界70,000人の起業家を救ってきた処方箋のエッセンスがここに書かれています。詳細はこちら

Copyright© 2012 Think&Do 株式会社 All Rights Reserved.