四国の電気王大坂靖彦さんの400億円企業にするための弱者の情報戦略

2017-11-15

大坂靖彦さんは、家業の街の電気屋さんを、四国一の家電量販店にした立身出世の人です。

別名、四国の電気王です。

大坂さんの高松市の書斎や東京、有明の自宅には40年間休むことなく続けた情報収集・分析のデータ、雑誌、新聞の切り抜きなどを紙で保管してあります。

時代の流れを示す情報を可能な限り収集、分析することで、競合が気づいていない確かな戦略を知り、先手を打つことができます。
 
大坂さんの場合は、一部上場企業のマツヤデンキのトップFCの契約を解除して、周囲の反対を押し切って、カトーデンキ(後のケーズデンキ)と組んだきっかけも、徹底した、情報収集からの判断でした。

アメリカで毎年、家電業界を定点観測していた、大坂さんは、ヤマダ電機の大躍進をかなり早くから予測していました。

このままでは、いずれ、すべての家電量販店が、ヤマダ電機の下請けになると予想しました。

その予想は的中して、マツヤデンキはその後倒産して、ヤマダ電機の100%子会社になりました。

カトーデンキはその後ケーズデンキになり大成功して、大坂さんは、ケーズデンキの取締役にもなりました。
 
大坂さん曰く「世の中の兆しを見わけることだ。

兆しを見つけると、驚くほど簡単に成功できる」と言います。

大坂さんが、いつも口を酸っぱくして言っていることの一つが、「ビジネスにも賞味期限がある」と言うことです。

最初から、出口戦略を考えろと教わりました。例えば、かつて酒のディスカウントストアが、誰がやっても儲かった時代がありました。

しかし、撤退しなかった会社は、その後ほとんど潰れました。今の時代は、ビジネスのサイクルが異常に早いので、特に重要な教えになります。

23509419_1500941686655319_5311467813026317505_o

23592124_1500941676655320_6972384545154505214_o

■仕組み経営に興味のある方は以下をクリックしてください。

マイケルE.ガーバーの教え「起業家の神話」

「起業家の神話」2時間集中講座

世界一のスモールビジネスアドバイザー、マイケルE.ガーバー 起業家の神話

無料メールセミナー

仕組みかワークシート

事業計画書フォーマット

口コミマーケットプランフォーマット

「社長が3ヶ月いなくても成長する会社を創る方法」5000円有料動画セミナー

無料オンライン講座

「忙しいけど、売上が伸びない。」「自分がいないと会社が回らない。」「個人事業主から抜け出せない。」 もしあなたがこのような悩みを抱えているのであれば、「起業家の神話」は役に立つでしょう。世界70,000人の起業家を救ってきた処方箋のエッセンスがここに書かれています。詳細はこちら

Copyright© 2012 Think&Do 株式会社 All Rights Reserved.