成功の失敗の法則について

2014-12-22

成功の失敗の法則について

エジソンは、1000個以上の特許を取った、

世界一の発明王です。

エジソンは、電気の発明だけで、

1万1千回以上、実験に失敗しています。

最多の失敗は、天然ゴム機の発明で、

これだけで2万回以上の実験を重ねました。

金田正一さんは、

前人未到の400勝を唯一達成しています。

2位が米田さんの350勝ですから、ダントツの1位です。

しかし、金田さんが本当にすごいのは、

負けた数が、圧倒的に多いことです。

なんと、298敗しています。

金田さんは、圧倒的に多く負けているのです。

最近の例なら、イチロー選手が上げられます。

4000本のヒットを打ち続けてきたイチロー選手でさえも、

その時点で8125個の凡打の山を築いてきています。

「4000本打つのに、8000回以上、悔しい思いをしてきた。

そこに自分なりに向き合ってこれた。

誇れるとしたら、そこじゃないですかね」

と本人は語っています。

自分をあまりほめない、イチロー選手が唯一、

自分を評価しているのが、

失敗しても続けてきた自分なのです。

成功と失敗の法則は、成功するためには、

失敗しないといけないということです。

その失敗の数も半端な数ではありません。

要は、いかに早く、リスクを減らして数多く失敗を重ねられるかです。

多くの成功法則は、行動に焦点を当てています。

そうではなく、本来は失敗に焦点をあてるべきです。

柔道の受け身のように、最初から、失敗を前提として、

失敗後の対処法や早く、リスクなく失敗する方法こそ

学ぶべきです。

■仕組み経営に興味のある方は以下をクリックしてください。

マイケルE.ガーバーの教え「起業家の神話」

「起業家の神話」2時間集中講座

世界一のスモールビジネスアドバイザー、マイケルE.ガーバー 起業家の神話

無料メールセミナー

仕組みかワークシート

事業計画書フォーマット

口コミマーケットプランフォーマット

「社長が3ヶ月いなくても成長する会社を創る方法」5000円有料動画セミナー

無料オンライン講座

「忙しいけど、売上が伸びない。」「自分がいないと会社が回らない。」「個人事業主から抜け出せない。」 もしあなたがこのような悩みを抱えているのであれば、「起業家の神話」は役に立つでしょう。世界70,000人の起業家を救ってきた処方箋のエッセンスがここに書かれています。詳細はこちら

Copyright© 2012 Think&Do 株式会社 All Rights Reserved.