江戸時代の天才教育

2015-05-26

江戸時代の天才教育

日本最大の実業家である渋沢栄一の主著「論語講義」によると、7歳より、

実父より漢文の読み方を教わり、その後、従兄の

尾高蘭香(おだからんこう)より論語

などの四書をはじめとする漢学を教わりました。

毎朝尾高の家に通学して3時間から4時間ほど学びました。

その読み方は現在我々が学校で学ぶように、

丁寧に読むものではなかったようです。

論語を中心とした四書など数多くの書物を通読させ、

本人が思い至るに任せると言う風であったので、

ただ読むだけで4年から5年経過したといいます。

ようやく11 、2歳の頃から書物が面白くなってきましたが、

面白いと思ったのは、

「通俗三国志」や「里見八犬伝」など

たいてい低俗な小説の類いだったそうです。

教師の尾高が言うには「それが最も良い。

読書の読解力をつけるのには読み易いものから入るのが一番良い」

と言ったそうです。

なんとも自由な教育ではないでしょうか。

渋沢によると江戸時代の教育は天才の教育で、

明治以降の教育は常識の教育だそうです。

江戸時代は義務教育ではないので、

各自が将来必要な個別の教育を受けていました。

農民は農民の教育。商人は商人の教育をされていました。

1人1人将来つく仕事が違うので、学ぶ内容も当然違いました。

1つとして同じ教育はなかったのです。

確かに渋沢をはじめ、坂本龍馬、福沢諭吉、大久保利通、西郷隆盛ら

明治の偉人たちはみな、江戸時代の教育を受けていたのです。


■ビジネスコンテンツ作成方法について興味がある方は以下をクリックしてください。

「社長 渋谷太陽の論語とコンポレートガバナンス」(日立システムズウェブサイト)

プレジデントネクスト 偉人の習

口コミ&コンテンツマーケティング

メールセミナー

http://tokurin.info/curation/

堀越吉太郎 Facebook

YouTubeチャンネル

YouTubeチャンネル

山田稔出版実現セミナー

山田稔出版マーケティングセミナー

知識や経験がなくても本が書ける方法有料動画

アクセスマップ

〒160-0022
東京都新宿区新宿4-3-17
FORECAST新宿SOUTH 6F
アクセスマップはこちら

■仕組み経営に興味のある方は以下をクリックしてください。

マイケルE.ガーバーの教え「起業家の神話」

「起業家の神話」2時間集中講座

世界一のスモールビジネスアドバイザー、マイケルE.ガーバー 起業家の神話

無料メールセミナー

仕組みかワークシート

事業計画書フォーマット

口コミマーケットプランフォーマット

「社長が3ヶ月いなくても成長する会社を創る方法」5000円有料動画セミナー

無料オンライン講座

「忙しいけど、売上が伸びない。」「自分がいないと会社が回らない。」「個人事業主から抜け出せない。」 もしあなたがこのような悩みを抱えているのであれば、「起業家の神話」は役に立つでしょう。世界70,000人の起業家を救ってきた処方箋のエッセンスがここに書かれています。詳細はこちら

Copyright© 2012 Think&Do 株式会社 All Rights Reserved.