演劇「人形の家パート2」を観てきました

2019-08-24

昨日、演劇「人形の家パート2」を観てきました。
 
この舞台は、イプセンの傑作「人形の家」の続編として書かれた作品です。
 
アメリカの劇作家であるルーカス・ナスの作品で、2017年度のトニー賞にもノミネートされました。
 
イプセンの「人形の家」は、140年前の1879年コペンハーゲンで出版され、世界的に有名になりました。
 
愛と結婚についての物語で、後半の衝撃的な展開が、当時衝撃を与えたことで知られています。
 
一般に女性の自立の作品と捉えられていますが、当のイプセンは、晩年、女性解放のために作ったわけではなく、
あくまでも人間の問題を描きたかったと語っています。
 
「人形の家パート2」は、主人公ノラが家族を捨てて、家を出てから15年後の話です。
 
ノラの主張は、まさに現代の人間の本質的な問題を提起しています。
 
「考えてみて。結婚は残酷で、女の人生をぶち壊しにするのよ」
 
「今から20年か30年経てば、人は、一生にたくさんの相手を持つ、一度に何人も持つかもしれない、
夫婦と夫婦の間に引かれる線はなくなり、嫉妬もなくなる。だって、嫉妬する理由がないんだもの」
 
「今から20年か30年経っても世界は、私が言うような場所にはならないでしょう。私が、そうなるようにしなければ」
 
「ほとんど2年かかった、2年間の沈黙。自分の声が聞こえるようになると、自分が何が欲しいか考えられるようになった。
他の人が欲しいものとは全然関係ないもの」
 
9月1日まで東京で上演され、その後は、全国で上演されます。
 
本好きや読むのが得意な人は、演劇雑誌「悲劇喜劇」(早川書房)の9月号にのっている脚本を読むといいと思います。

69605596_2376755965740549_773653498410565632_o

69634620_2376755979073881_5975282764189007872_o

69361975_2376755992407213_8125134678630858752_o

■仕組み経営に興味のある方は以下をクリックしてください。

マイケルE.ガーバーの教え「起業家の神話」

「起業家の神話」2時間集中講座

世界一のスモールビジネスアドバイザー、マイケルE.ガーバー 起業家の神話

無料メールセミナー

仕組みかワークシート

事業計画書フォーマット

口コミマーケットプランフォーマット

「社長が3ヶ月いなくても成長する会社を創る方法」5000円有料動画セミナー

無料オンライン講座

「忙しいけど、売上が伸びない。」「自分がいないと会社が回らない。」「個人事業主から抜け出せない。」 もしあなたがこのような悩みを抱えているのであれば、「起業家の神話」は役に立つでしょう。世界70,000人の起業家を救ってきた処方箋のエッセンスがここに書かれています。詳細はこちら

Copyright© 2012 Think&Do 株式会社 All Rights Reserved.