講談社の改革は、出版マーケティング

2015-03-15

講談社の改革は、出版マーケティング

出版最大手、講談社は2015年4月から、1941年以来、

使われてきた「編集局」の名称を廃し

「事業局」として再編します。

今回の組織改編は、インターネットの発達など

出版業界を巡る環境の変化に、対応したものです。

書籍や雑誌を編集して終わりではなく、

読者へ届ける方策まで意識し、

関連事業も含めて発展させることを目的としています。

昔は本を出しただけで、十分な収益がありました。

しかし、現在は出版不況と言われるぐらい、

本や雑誌が売れなくなっています。

旧来の手法では、出版大手と言えども、やって行けないのです。

そこで、出版からビジネスにつなげる

出版マーケティングという手法が出てきます。

出版によってビジネスが大きく発展した事例は

枚挙にいとまがありません。

たとえば、

幻冬舎の見城社長が、廣済堂出版の社員だったころ、

たまたま、新宿御苑前を歩いていて、

雑居ビルの看板を見つけました。

「公文式算数研究所」と書いてありました。

2週間後、新聞の広告で再び公文式を発見して、

公文式について興味を持ち、

書籍「公文式算数の秘密」を作りました。

この本は当時、30万部以上のベストセラーとなりました。

そのヒットによって、公文式は、

急成長して、自社ビルを持つようになり、

年商600億円の巨大教育産業となりました。

幻冬舎の見城社長はこういっています。

「大体自分たちが何かレベルが上のことをしていると思い込んでいる

編集者が多すぎるのだ。

(中略)

〈出版社=編集者〉という等式を信じて疑わない人たちのなんという

愚かさよ」

小手先の改革では、編集者の意識を変えるのはかなり難しいと思います。

■ビジネスコンテンツ作成方法について興味がある方は以下をクリックしてください。

「社長 渋谷太陽の論語とコンポレートガバナンス」(日立システムズウェブサイト)

プレジデントネクスト 偉人の習

口コミ&コンテンツマーケティング

メールセミナー

http://tokurin.info/curation/

堀越吉太郎 Facebook

YouTubeチャンネル

YouTubeチャンネル

山田稔出版実現セミナー

山田稔出版マーケティングセミナー

知識や経験がなくても本が書ける方法有料動画

アクセスマップ

〒160-0022
東京都新宿区新宿4-3-17
FORECAST新宿SOUTH 6F
アクセスマップはこちら

■仕組み経営に興味のある方は以下をクリックしてください。

マイケルE.ガーバーの教え「起業家の神話」

「起業家の神話」2時間集中講座

世界一のスモールビジネスアドバイザー、マイケルE.ガーバー 起業家の神話

無料メールセミナー

仕組みかワークシート

事業計画書フォーマット

口コミマーケットプランフォーマット

「社長が3ヶ月いなくても成長する会社を創る方法」5000円有料動画セミナー

無料オンライン講座

「忙しいけど、売上が伸びない。」「自分がいないと会社が回らない。」「個人事業主から抜け出せない。」 もしあなたがこのような悩みを抱えているのであれば、「起業家の神話」は役に立つでしょう。世界70,000人の起業家を救ってきた処方箋のエッセンスがここに書かれています。詳細はこちら

Copyright© 2012 Think&Do 株式会社 All Rights Reserved.