雑誌「致知」2018年12月号のテーマは「古典力入門」

2018-11-06

45331797_1927976647285152_2058900054894182400_n

2018年12月号の雑誌「致知」のテーマは、「古典力入門」です。

やはり、読み応えのある対談が多いですね。

ライフネット生命の創業者で、立命館アジア太平洋大学学長の出口治明さんと
JEFホールディングス元社長の數土(スド)文夫さんの対談より

出口さん
「いまGAFA(Google、アップル、Facebook、アマゾン)をはじめ、
世界を牽引している企業で働いている人はものすごく勉強していて、ダブルマスター、ダブルドクターの人が多いんですよ。

しかも、統計学とか数学だけではなく、文学とか美学とか哲学の学位を持っている。

そういう世界を知って初めて、面白いアイデアが出せるわけです。

もっとも、大学院の免状を取れと言っているのではなく、例えば「論語」と「老子」と「韓非子」を
勉強することがダブルマスターでありダブルドクターであって、
1つだけに決め打ちしないで幅広い分野を勉強していかないとこれからの時代のリーダーにはなれないと言う気がしています」

數土(スド)さん
「世の中の変化が激しくなるにつれて、人間の精神状態も社会の富の配分や格差も大きくなる。

その中でどう生きていくべきかという答えは、2500年前、3000年前の古典にすべて書いてある。

だから、古典を幅広く読まなきゃいけない。

これからの時代、ますます古典が重要になってくると、声を大にして言いたいですね」

まあ、すべての答えが古典に書いてあるというのは、さすがに言い過ぎかもしれませんが、
間違いなく、ヒントになる言葉は、見つかるのではないかと思います。

■仕組み経営に興味のある方は以下をクリックしてください。

マイケルE.ガーバーの教え「起業家の神話」

「起業家の神話」2時間集中講座

世界一のスモールビジネスアドバイザー、マイケルE.ガーバー 起業家の神話

無料メールセミナー

仕組みかワークシート

事業計画書フォーマット

口コミマーケットプランフォーマット

「社長が3ヶ月いなくても成長する会社を創る方法」5000円有料動画セミナー

無料オンライン講座

「忙しいけど、売上が伸びない。」「自分がいないと会社が回らない。」「個人事業主から抜け出せない。」 もしあなたがこのような悩みを抱えているのであれば、「起業家の神話」は役に立つでしょう。世界70,000人の起業家を救ってきた処方箋のエッセンスがここに書かれています。詳細はこちら

Copyright© 2012 Think&Do 株式会社 All Rights Reserved.