3月, 2014年

スピーチの勉強会、トーストマスターズ

2014-03-22

スピーチの勉強会、トーストマスターズ

のコンテスト出場のために、

スピーチ1人練習会を行いました。

ポイントは3つあります。

1つ目は、スピーチの原稿をしっかり作り込むことです。

2つ目は、練習、練習、練習ですね。

3つ目は、いかに多くのフィードバックを得ることができるかです。


「将来、15分で誰でも有名人になれるだろう

2014-03-16

「将来、15分で誰でも有名人になれるだろう

(In the future, everybody will be famous in 15 minutes .)」

20世紀後半を代表するアーティストである、

アンディ・ウォーホルの言葉です。

予言はあたりましたね。

2014-03-11

2014-03-11

新聞広告の影響力

2014-03-11

新聞広告の影響力

今日の日経新聞朝刊、一面下の書籍広告に、

『ガーバー流 社長が会社にいなくても回る「仕組み」経営

(中経出版)』が掲載されました。

すでにかなり反響があるようですが、今後がさらに楽しみです。


ビジネスとお金の関係とは?

2014-03-10

ビジネスとお金の関係とは?

「ワールドクラスの企業を作るのであれば、まずお金について理解すべきである。(中略)経営者として私はお金には絶え間ない注意が必要であることを学んだ。毎日いや毎時間注意を配るべきである」(マイケルE.ガーバー)

 

 ビジネスに限らず家計でも究極をいうと会計は、売上と費用からなっています。

 

 売上は家計に直すと収入になります。費用は家計に直すと出費になります。

 

 要するに、「売上から費用を引いたものが利益ですから、売上を最大にして、経費を最小にします。ビジネスとはそのゲームです」京セラの創業者である稲盛和夫氏は創業当初からこの考えのもと会社を経営して、日本を代表する企業を創り上げました。

 

 稲盛氏の経営は根底に理念としての「人間として正しいことを追及していく」がり、その上に先ほどの「会計原則」と「アメーバ経営」と言われる、大きい組織を小さく分割して、各組織が1つの経営主体のように独立して活動する仕組みを創りました。

 まさに、経営理念を基盤とした起業家の精神(マインド)がまずあり、その上にマーケティングや財務などの技術(テクニック)があるのです。

 

 稲盛氏は利益を追ってはいけないといっています。あくまでも売上を最大にして、経費を最小にした結果が利益なのです。

 

 ドッラカ―も同じことをいっています。「今日の利益のために明日を犠牲にしてはならない。(中略)利益というものは存在しない。存在するのはコストだけである」

スティーブン・R・コヴィー

2014-03-10

スティーブン・R・コヴィー

「7つの習慣―成功には原則があった!」

第1の習慣. 主体性を発揮する(自己責任)

第2の習慣.目的を持つ(自ら立つ)

第3の習慣.重要事項を優先する(自己管理)

第4の習慣.Win-Winを考える(人間関係)

第5の習慣.理解してから理解される(感情移入)

第6の習慣.相乗効果を発揮する(創造的な協力)

第7の習慣.刃を研ぐ(常時向上システム)

7つの習慣とは一言でいうと、

「Be good」です。日本語では「良くあれ」

よりわかりやすくは「良い人間であれ、なれ」という意味です。

世界最大の飲食業マクドナルド

2014-03-03

世界最大の飲食業マクドナルド

マクドナルドは(2013年3月現在)、全世界120か国3万4,000店舗を展開しています。全世界の店舗売上高は7兆円、創業して、60年近くになります。

マクドナルドは「ピープルビジネス」といわれています。ピープルビジネスとは人の成長が組織の成長に繋がるという考え方です。

マクドナルドはこの考え方にしたがってクルーから社員に至るまで世界共通の高いトレーニングを行っています。

マクドナルドというと大企業というようなイメージがありますが、実際には、1店舗1店舗が頑張ることによって、

全体として大企業の売り上げを上げているのです。つまり、マクドナルドの1店舗、1店舗は中小企業という面もあるのです。

多くの経営者がマクドナルドを作ったレイ・クロックから経営を学んできました。世界一の小売業を作った

サム・ウオルトンから日本ではソフトバンクの孫正義氏やユニクロの柳井正氏などそうそうたる人たちがいます。

マクドナルドの基を作ったのは、レイ・クロックではなく、マクドナルド兄弟でした。

彼らは優秀な経営者でハンバーガー店を大繁盛店にすることに成功しました。フランチャイズ化にも乗り出したのですが、

それには成功しませんでした。その後、マクドナルド兄弟の店のフランチャイズを成功させたのが、兄弟からフランチャイズの権利を買い取ったレイ・クロックだったのです。

なぜレイ・クロックはフランチャイズ化に成功して、優秀な経営者だったマクドナルド兄弟は成功できなかったのでしょうか?

最大の理由は、マクドナルド兄弟が他の人に経営を教えるという仕組みを持ってなかったことです。

レイ・クロックの成功の基になっているのは、彼の30年以上にわたるセールスマンとしての下積み経験があったからです。

彼は52才でマクドナルドをスタートさせましたが、それまで長年にわたりミルクシェイクのミキサーのトップセールスマンとして活躍していました。

彼は長く、全米中の飲食店を訪問することで、飲食店の問題点に気づいていたのです。

これは面白いコピーですが、

2014-03-03

これは面白いコピーですが、

無理があると思います。(笑)

■ビジネスコンテンツ作成方法について興味がある方は以下をクリックしてください。

「社長 渋谷太陽の論語とコンポレートガバナンス」(日立システムズウェブサイト)

プレジデントネクスト 偉人の習

口コミ&コンテンツマーケティング

メールセミナー

http://tokurin.info/curation/

堀越吉太郎 Facebook

YouTubeチャンネル

YouTubeチャンネル

山田稔出版実現セミナー

山田稔出版マーケティングセミナー

知識や経験がなくても本が書ける方法有料動画

アクセスマップ

〒160-0022
東京都新宿区新宿4-3-17
FORECAST新宿SOUTH 6F
アクセスマップはこちら

■仕組み経営に興味のある方は以下をクリックしてください。

マイケルE.ガーバーの教え「起業家の神話」

「起業家の神話」2時間集中講座

世界一のスモールビジネスアドバイザー、マイケルE.ガーバー 起業家の神話

無料メールセミナー

仕組みかワークシート

事業計画書フォーマット

口コミマーケットプランフォーマット

「社長が3ヶ月いなくても成長する会社を創る方法」5000円有料動画セミナー

無料オンライン講座

「忙しいけど、売上が伸びない。」「自分がいないと会社が回らない。」「個人事業主から抜け出せない。」 もしあなたがこのような悩みを抱えているのであれば、「起業家の神話」は役に立つでしょう。世界70,000人の起業家を救ってきた処方箋のエッセンスがここに書かれています。詳細はこちら

Copyright© 2012 Think&Do 株式会社 All Rights Reserved.