5月, 2014年

.利益と儲けの違いとは?

2014-05-17

.利益と儲けの違いとは?

 儲けとは現金、つまりキャッシュフローのことです。このキャッシュフローを生み出せない企業はつぶれます。

 

 利益とは数字上のものです。現実にあるのは現金(キャッシュフロー)だけです。このため経理上は黒字でも現金がないために倒産する会社が出てくるのです。いわゆる黒字倒産です。会計の利益とキャッシュの利益は全く別のものなのです。

 

 現在の会計制度は期間会計といって、1年とか6ヶ月とか3ヶ月などのように期間を区切って、売上や利益、費用を計算させる仕組みです。この方法は一見合理的にみえますが、多くの危険をはらんでいます。

 

 なぜなら本来ビジネス(事業)とは期間で区切るものでも、区切れるものでもないからです。このような期間会計は簡単に操作ができてしまうからです。

 

 たとえば、飲食店の場合、顧客に出した料理はいつ利益として計算するのか、またいつその料理を作るための材料費や人件費、光熱費を計上するのでしょうか?売上から費用を引いたものが利益ですが、売上と費用の間にはつねにづれがあります。つまり、現在の期間会計では正確な利益は計上できないのです。費用を先送りし、売上を先取りすることは簡単にできます。これらはすべてその会社の主観でできてしまうのです。

 

 会計数値や決算書は絶対的なものではなく、あくまでも要約にすぎません。しかもかなりその会社の主観が入りこめる余地があるのです。会計というシステムは非常に古いシステムであるため、現在の制度には対応できなくなっているのです。  

私が所属するスピーチの勉強会、

2014-05-17

私が所属するスピーチの勉強会、

浦和トーストマスターズクラグの

木ノ本芳子さんが、全国大会で優勝しました。

体から魂を感じるような素晴らしいスピーチでした。

何か、目に見えない神の見えざる手が働いているように感じました。

全国優勝するようなクラブが、日常的にやっている、

スピーチ原稿のフィードバックおよび、多数の自主的な練習会が、

今回は、しっかりできたと思います。

ある全国チャンピョンからいただいたアドバイス、

「全国を制するのは、個人の力ではなく、クラブの力です。

全国大会はクラブ間のたたかいなのです」

ということを痛感する大会となりました。

時代を創る人

2014-05-14

時代を創る人

「人間にはもともと狂った部分がある。

狂っている時が一番健全で正常なのである」

セネカ(ローマの哲学者)

坂本龍馬は「自我狂」という字を好み、

吉田松陰は、弟子たちを「諸君、狂いたまえ」

と鼓舞しました。

こういう狂った人たちが時代を作って来たのです。

真理のことば(ダンマパダ) 岩波文庫

2014-05-11

真理のことば(ダンマパダ) 岩波文庫

「われらは、ここにあって死ぬはずのものであると覚悟をしよう。

このことわりを他の人々は知っていない。

しかし、このことわりを知る人々があれば、争いはしずまる」

ダンマパダは、法句経としても知られる仏典の代表作ですが、

人生の本質を鋭くついた箴言が多いです。

やはり人生の本質は死ではないでしょうか?

劇団四季大成功の秘密

2014-05-11

劇団四季大成功の秘密

私は昔から、劇団四季が大好きで、ファンクラブにも入会して、多くの四季作品を鑑賞してきました。

ブロードウェイでも、ミュージカルを観ましたが、四季とのレベルの差は全く感じませんでした。それ程、劇団四季のレベルは高いのです。

劇団四季がすごいことは、誰も反論の余地がないでしょうが、

他の演劇の客層が中高年の女性が中心になのに対して、四季は圧倒的に若い女性が多いのです。

ミュージカルや演劇の後進の指導に大きな貢献をしています。

劇団四季(げきだんしき)は、1953年の創立以来、「日本全国に演劇の感動を届ける」という理念のもとに活動を続けてきました。

劇団四季は、年間3,000ステージ超、俳優・スタッフ700名以上を有し、リピーターを含む年間観客動員数300万人の日本最大規模の劇団です。

純資産はなんと200億円あります。

東京、札幌、名古屋、関西に専用劇場があります。

多くの劇団員が、アルバイトをしないと食べて行けない中、劇団四季は、

スターに頼らない独自のシステムを開発しました。

そして、劇団員を育成して、彼らの経済的な困窮を救いました。

また強力な資金調達力と集客力で、長きにわたり大きな成功をおさめています。

代表の浅利 慶太(あさり けいた、1933年3月16日-)さんは、

超一流の芸術家であるとともに、

超一流の起業家でもあります。

浅利さんがオリジナルで作った歴史3部作、

1 ミュージカル李香蘭

2 ミュージカル異国の丘

3 ミュージカル南十字星

は、日本の戦争の悲劇を後世に伝えるために作られた歴史的傑作です。

3部作最後のミュージカル南十字星のラストのメッセージは、

浅利さんから、日本の若い世代への強烈なメッセージに聞こえました。

浅利 慶太さんは、東京都出身の演出家、実業家です。劇団四季創設者の一人で芸術総監督。

劇団の運営・管理に当たる四季株式会社の代表取締役会長もつとめます。

大叔父は二代目市川左團次。父は小山内薫らと築地小劇場の設立に参画し、

三田英児の名で映画俳優として活躍した浅利鶴雄。鶴雄の母浅利たけの妹登美が左団次の妻で、

左団次に子がなかったため慶太に左団次を継がせる話もあり、

幼い頃は左団次の家にいたこともありました。

その他、叔父に旧東京田辺製薬元会長の田辺元三郎がいます。

1953年、慶應義塾大学、東京大学の学生を中心に劇団四季を結成。

主に、ジャン・アヌイやジャン・ジロドゥ等フランス文学作品を上演。

その後旧東京田辺製薬にて宣伝・広告などのアルバイトをしながら、

日本テレビの「ジャングル・ジム」の吹き替えアテレコに劇団として参加しました。

また、1958年には、石原慎太郎、江藤淳、谷川俊太郎、

寺山修司、永六輔、黛敏郎、福田善之ら若手文化人らと「若い日本の会」を結成し、

60年安保に反対。だが、後に思想的には保守化しました。

1961年、日生劇場製作営業担当取締役に就任。

1969年、日本ゼネラルアーツを設立。

1966年から1975年まで越路吹雪リサイタル公演を日生劇場において演出。

メジャーへの転機は、

1971年に越路吹雪主演のミュージカル『アプローズ』をヒットさせてから、

様々なミュージカルを上演しながら技術を蓄積、1979年に『コーラスライン』を

上演したことが転機になります。

1970年代から海外ミュージカルの翻訳上演を始め、

中曽根康弘や石原慎太郎などの政治家との関係を背景とした莫大な集金、

集客力により、劇団四季を大劇団へと成長させました。

興行面においては1983年『キャッツ』初演において

日本で初めて無期限ロングラン公演を成功させました。

中曽根さんや石原さんのブレーンとしても知られていたうえ、

先述どおり政界との繋がりをおおいに利用して劇団を躍進させたことから、

「政商」と批判されましたが、後の日本経済新聞の連載など様々な場所で

その事を自ら肯定しているばかりか、「国益のため」と正当化しています。

このように権力との関わりが密接であるにも関わらず、

一切の国家的顕彰を拒否しており、

過去に紫綬褒章や文化功労者の内示があったときも、辞退しています。

劇団四季内部においては、芸術総監督として君臨。演出、配役、

台本作成をほぼ一手に握っており、浅利さんの後継者がいないのが現状です。

偉大な功績の割に浅利さんの評価が定まらないのは、上記のような理由からです。

結論としては、大きな成果を上げるためには、大きな資本や大きな人物とつながらなくてはならないのです。

浅利さんはそのことを身を持って教えてくれています。

しかし、大叔父は二代目市川左團次。叔父に旧東京田辺製薬元会長の田辺元三郎がいる、

華麗な一族である、浅利さんはやはり特殊な人なのかもしれません。

参考文献

「劇団四季と浅利慶太 」(文春新書)松崎 哲久 (著)

「時の光の中で―劇団四季主宰者の戦後史 」(文春文庫)浅利 慶太 (著)

劇団四季ホームページ

Wikipedia

「今日の芸術―時代を創造するものは誰か 」岡本 太郎 (著)

2014-05-11

「今日の芸術―時代を創造するものは誰か 」岡本 太郎 (著)

「今日の芸術は、うまくあってはならない。きれいであってはならない。ここちよくあってはならない」。

岡本太郎にいわせれば、人間はすべて芸術家です。ゆえに本物のビジネス、

スピーチ、人間関係などすべては、うまくあってはならない、きれいであってはならない、ここちよくあってはならないのです。

この本は1954年に刊行されていますが、現在読んでもまったく古さを感じません。

というよりむしろ岡本太郎にまだ追いついていないといえるでしょう。

 

リーダーシップの本質

2014-05-05

リーダーシップの本質

鉄鋼王と呼ばれた、アンドリュー・カーネギーの墓碑に刻まれた

有名な一文が、リーダーシップの本質だと思います。

曰く、

「自分より賢き者を近づける術知りたる者、ここに眠る。」

Here lies one who knew how to get around him

men who were cleverer than himself.

ディズニー映画『アナと雪の女王』

2014-05-03

ディズニー映画『アナと雪の女王』

が快進撃を続けています。

4月29日現在で、遂に観客動員数1000万人、興行収入128億円を突破しました。全世界では、1兆円を超える大ヒットです。

アカデミー賞を、長編アニメ部門と歌曲賞で受賞しているだけあって、

全体としての完成度は非常に高いです。

最大の収穫は、新しいことへのチャレンジです。

ディズニーに限らず、女性差別のある、アメリカでは、重要なことは大概、男性の

ヒーローが解決します。通常は王子が最後はすべてを解決しますが、今回は、2人の王女姉妹がすべてを解決します。

子供への影響は絶大なので、この映画はアメリカが本当の意味で、男女平等になるための、大きな一歩になると思います。

難しいことをやさしく

2014-05-01

難しいことをやさしく

浜松で長く、経営コンサルタントとして活躍されている、

山本英夫さんが、拙著「起業したい人への16の質問」と

「口コミを生むためにやるべき16のこと」を元にした、積み木教材を

作りました。

この積み木教材をクライアントのコンサルティングに活用しているそうです。

難しいことを難しく伝えるのはプロではありません。

本当のプロは難しいことをやさしく伝えるのです。

山本さんは、試行錯誤の末に、

難しいことをやさしく伝える

「まるさんかくしかく」の積み木教材に行き着いたといいます。



Newer Entries »

■ビジネスコンテンツ作成方法について興味がある方は以下をクリックしてください。

「社長 渋谷太陽の論語とコンポレートガバナンス」(日立システムズウェブサイト)

プレジデントネクスト 偉人の習

口コミ&コンテンツマーケティング

メールセミナー

http://tokurin.info/curation/

堀越吉太郎 Facebook

YouTubeチャンネル

YouTubeチャンネル

山田稔出版実現セミナー

山田稔出版マーケティングセミナー

知識や経験がなくても本が書ける方法有料動画

アクセスマップ

〒160-0022
東京都新宿区新宿4-3-17
FORECAST新宿SOUTH 6F
アクセスマップはこちら

■仕組み経営に興味のある方は以下をクリックしてください。

マイケルE.ガーバーの教え「起業家の神話」

「起業家の神話」2時間集中講座

世界一のスモールビジネスアドバイザー、マイケルE.ガーバー 起業家の神話

無料メールセミナー

仕組みかワークシート

事業計画書フォーマット

口コミマーケットプランフォーマット

「社長が3ヶ月いなくても成長する会社を創る方法」5000円有料動画セミナー

無料オンライン講座

「忙しいけど、売上が伸びない。」「自分がいないと会社が回らない。」「個人事業主から抜け出せない。」 もしあなたがこのような悩みを抱えているのであれば、「起業家の神話」は役に立つでしょう。世界70,000人の起業家を救ってきた処方箋のエッセンスがここに書かれています。詳細はこちら

Copyright© 2012 Think&Do 株式会社 All Rights Reserved.