2月, 2016年

「新しい儲け方のヒント」高島健一著 日本経営合理化協会

2016-02-01

「新しい儲け方のヒント」高島健一著 日本経営合理化協会

 

高島陽氏を知る人は現在では、ほとんどいません。

 

しかし、中小企業のカリスマと言われている、

 

武蔵野の小山社長も、先見性に関して、高島陽氏から学んでいます。

 

高島氏の口癖は『百聞は一見にしかず。百見はワンタッチにしかず』です。

 

毎年、300日以上、日本全国はもとより、

 

世界各地に足を運び、訪れた工場だけでも千数百社に及びました。

 

なぜなら、答えは、常に現場にしかないからです。

 

現場にいって、現場のものを触れて、現場で人と話すことでしかわからない真実があります。

 

この本は、高島陽氏の息子である、高島健一氏が、2009年のインターネット時代に、高島陽氏の先見術を当てはめたもので、非常に読み応えがあります。

 

 

■インターネットによって、以下のビジネスの5つの常識の壁が取り壊されました。

 

・距離の壁

 

・時間の壁

 

・言葉の壁

 

・空間の壁

 

・人材の壁

 

 

■ものごとは干支の12年のサイクルで見るとわかりやすいといいます。

 

ただし始まりは、子(ネズミ)ではなく、種となる亥(イノシシ)から見るのがコツです。

 

たとえば、

 

十二支のサイクル表(インターネット)

 

1995年亥(イノシシ) Windows95

種子にこもる

 

1996年子(ネズミ) 日本でYahoo!が開始

種子から根がでる

 

1997年丑(ウシ) メルマガ発行会社まぐまぐ開始

根が伸びる

 

1998年寅(トラ) Windows98、Google開始

地上に芽が出る

 

1999年卯(ウサギ) 2ちゃんねる開始

芽が出そろう

 

2000年辰(タツ) ネット接続定額制開始

若葉が出る

 

2001年巳(ヘビ) ブロードバンド元年

成熟しきる

 

2002年午(ウマ) ファイル交換が社会問題化

ピーク

 

2003年未(ヒツジ) ブログ、オークション活発化

実が味わえる、衰え始める

 

2004年申(サル) 日本でSNSが開始

衰えつつも大きくなる

 

2005年酉(トリ) ロングテール、アフィリエイト

実が酒になる、腐る

 

2006年戌(イヌ) WEB2.0 YouTube

滅び始める

 

 

最近も、元ソニーCEOの出井さんが、2020年から、新しい時代が始まると言っていましたが、

 

2020年に干支が子(ネズミ)になることから、いってるわけです。

 

2016年は、申(サル)ですから、衰えつつも大きくなるわけです。

 

そして、2019年亥(イノシシ)から、また新しいサイクルがはじまります。


■ビジネスコンテンツ作成方法について興味がある方は以下をクリックしてください。

「社長 渋谷太陽の論語とコンポレートガバナンス」(日立システムズウェブサイト)

プレジデントネクスト 偉人の習

メールセミナー

http://tokurin.info/curation/

堀越吉太郎 Facebook

YouTubeチャンネル

YouTubeチャンネル

山田稔出版実現セミナー

山田稔出版マーケティングセミナー

知識や経験がなくても本が書ける方法有料動画

アクセスマップ

〒160-0022
東京都新宿区新宿4-3-17
FORECAST新宿SOUTH 6F
アクセスマップはこちら

■仕組み経営に興味のある方は以下をクリックしてください。

マイケルE.ガーバーの教え「起業家の神話」

「起業家の神話」2時間集中講座

世界一のスモールビジネスアドバイザー、マイケルE.ガーバー 起業家の神話

無料メールセミナー

仕組みかワークシート

事業計画書フォーマット

口コミマーケットプランフォーマット

「社長が3ヶ月いなくても成長する会社を創る方法」5000円有料動画セミナー

無料オンライン講座

「忙しいけど、売上が伸びない。」「自分がいないと会社が回らない。」「個人事業主から抜け出せない。」 もしあなたがこのような悩みを抱えているのであれば、「起業家の神話」は役に立つでしょう。世界70,000人の起業家を救ってきた処方箋のエッセンスがここに書かれています。詳細はこちら

Copyright© 2012 Think&Do 株式会社 All Rights Reserved.