1月, 2019年

作家で前都知事の猪瀬直樹さんと ビブリオバトル

2019-01-26

1月24日(木)に選書する書店フォルケにて、作家で前都知事の猪瀬直樹さんをお招きして、
ビブリオバトルという本の書評会を行いました。
 
猪瀬さんには、近代の日本の歴史、作家について学ばさせてもらっています。
 
有名な作家例えば、太宰治や三島由紀夫などがどうやって創作しているのかは、大変興味深いです。
 
太宰治は、4回自殺未遂をおかして、5度目に自殺を遂げましたが、本当は、1度として死ぬ気はなかったと知ったら、驚くでしょう。
 
太宰治にとっては、自殺未遂事件も1つの企画にすぎず、死ぬ気はないんです。
 
太宰は、生と死の間でなければ、作家としていい作品をかけないと自覚していて、綱渡りのような人生を送っていました。
 
例えば、彼の代表作は、他の作家のパクリやファンの日記を元にしているものが多いのです。
 
代表作「斜陽」は、日記を元に作られました。
 
この日記を手に入れるために、好きでもないのに付き合って、
子どもを作る気がないのに子どもまで作ってしまいます。
 
人間的には、かなり問題があるのですが、その情熱と執念は、
本物で、だから、歴史に残る作品を生み出すことができたといえます。
 
偉大な作家の創作は、実は、偉大な起業家の新商品開発と非常に近いものがあります。
 
偉大な作家たちは、マーケティングなんかやる気はないのですが、いい作品を生み出すために、
結果として、あらゆるマーケティングを行うことになります。
  
太宰のマーケティングは、死のマーケティングともいえます。
 
39歳で、センセーションナルな自殺によって、太宰治は、歴史に残る作家となりました。
 
興味のある方には、
「ピカレスク – 太宰治伝」 (日本の近代 猪瀬直樹著作集 4)
をぜひ読んでもらいたいです。

50969884_2038440089572140_960977955859726336_n

50692584_2038439939572155_811965680432709632_o

50802600_2038443579571791_5865443438064828416_o

スピルバーグ監督の 『ペンタゴン・ペーパーズ』

2019-01-05

去年上映されたスピルバーグ監督の
『ペンタゴン・ペーパーズ』をアマゾンプライムビデオで観ました。
 
すごい映画でした。
 
アメリカではそれなりにヒットしたようですが、日本では残念ながらあまり評判にならなかった映画です。
 
この映画を観ると、このままアメリカが、トランプ大統領にいいようにされるようには、どうしても思えません。
 
必ず態勢を整えて反撃をして来るのは、間違いないと思いました。
 
ウオーターゲート事件を暴いたボブ・ウッドワードさんの「FEAR 恐怖の男 トランプ政権の真実」も売れていますし、
やはり、アメリカの民主主義は半端ないな、骨太だなと思いました。
 
それにしても、スピルバーグ監督はすごいです。
 
現代の魔法使いですね。
 
期せずして、アメリカ報道の自由三部作になっています。
『ペンタゴン・ペーパーズ』(2017年)
『大統領の陰謀』(1976年)
『ザ・シークレットマン』(2017年)

49652614_2008697512546398_5986767790206353408_n

49378806_2008697475879735_7613735937763180544_n

49191221_2008697469213069_3379654793935978496_n

■仕組み経営に興味のある方は以下をクリックしてください。

マイケルE.ガーバーの教え「起業家の神話」

「起業家の神話」2時間集中講座

世界一のスモールビジネスアドバイザー、マイケルE.ガーバー 起業家の神話

無料メールセミナー

仕組みかワークシート

事業計画書フォーマット

口コミマーケットプランフォーマット

「社長が3ヶ月いなくても成長する会社を創る方法」5000円有料動画セミナー

無料オンライン講座

「忙しいけど、売上が伸びない。」「自分がいないと会社が回らない。」「個人事業主から抜け出せない。」 もしあなたがこのような悩みを抱えているのであれば、「起業家の神話」は役に立つでしょう。世界70,000人の起業家を救ってきた処方箋のエッセンスがここに書かれています。詳細はこちら

Copyright© 2012 Think&Do 株式会社 All Rights Reserved.