Archive for the ‘活動日記’ Category

アートを大衆化する、銀座蔦屋書店

2017-10-25

CCCの増田宗昭社長によると、「これからはアートしか儲からない」そうです。
  
アートを大衆化するための旗艦店が、銀座蔦屋書店です。一言でいうとすごいです。

本屋じゃないですね。そもそも本を売る気がない(笑)。

では何を売っているのかというと、アートを売っています。
 
刀を特集したコーナーには、本物の刀が売っています。

一番高い刀はスバリ、3,250万円です。だから本屋じゃありません(笑)。

普通のスタバの他にスタバのバーも併設されていて、
スタバファンにも嬉しい施設ですね。興味のある方はぜひ、行ってみてください。
 
書店の進歩を感じることができます。

アメリカはすでに、ダニエル・ピンクの名著「ハイコンセプト」の時代に入っています。

スティーブ・ジョブズのような人たちがさきがけで、Airbnbの創業者は、二人とも美大の出身です。

日本も数年後には、「ハイコンセプト」の時代になるでしょう。

IMG_8683

IMG_8684

IMG_8685

IMG_8686

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_2063

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_205a

すごい本:内村鑑三著「後世への最大遺物」

2017-10-22

かつて多くの日本人を成功させた書物がありました。
 
現在では、ほとんど読まれていませんが、内村鑑三の「後世への最大遺物」です。

この作品はもともと内村が、キリスト教の夏期学校で講演した内容をまとめたものでした。

元々が講演の内容ですので、非常にわかりやすいです。
 
ありがたいことに、現在では、アマゾンのKindleや青空文庫で無料で読めます。

アマゾンのKindleは、スマホやパソンンから無料でダウンロードできます。
 
実際に読んでみて、よければ、大切な人や将来性のある人にもすすめてみてください。

今の日本にもっとも必要な書物だからです。
 
「後世への最大遺物」の内容は、「この世の中を、私が死ぬときは、
私の生まれたときよりは少しなりともよくしてゆこうじゃないか」というものです。
 
そのためには、死んだ後に、何を残すのかが重要となります。
 
後世への最大遺物の
1つ目は、お金です。
 
2つ目は、事業です。
 
3つ目は、思想(本を書くこと、教えること)です。
 
上記は、全て才能のなせるわざです。
 
誰にでもできて、一切害のない後世への最大遺物は、
「勇ましい高尚なる生涯」です。
 
これこそが、後世の人間に生きるための希望と勇気を与え、進むべき方向を指し示してくれるのです。
 
この本を読んだ人の中から、志を立てて多くの人が成功しました。

また、内村と同じようにキリスト教徒になった者も少なくなかったと言います。
 
それぐらい読んだ人の人生を変えて来た本なんです。
 
興味のある方は、ぜひ読んで見てください。
 
「後世への最大遺物」 Kindle版無料
内村 鑑三 (著)
http://amzn.to/2yiShX0
青空文庫
http://www.aozora.gr.jp/cards/000034/files/519_43561.html

後世への最大遺物写真

【出版できない理由について・山田稔出版企画勉強会より】

2017-09-17

 出版プロデューサーの山田稔さんによると、

出版できない理由は、2つあります。

1つは、企画書がだめなためです。

もう1つは、出版社への営業のやり方が、だめなためです。
 
企画書の書き方は、税込5千円ので教えています。

次回山田稔出版企画勉強会の東京での開催は、2018年1月28日(日)13時から17時になります。
 
出版社への営業のやり方は、山田稔出版実現セミナーで教えています。

次回の山田稔出版実現セミナーの開催は、2018年1月27日(土)です。

次回より、ワンデーセミナーとして、グレードアップします。時間は、10時から17時となります。

それでも値段は、税込2万5千円です。
 
ですので、このセミナーに参加すると、誰かに頼らなくても、自分で出版することが可能になります。

そういう方も多々います。一人でできない方は、
山田稔さんが無料で企画書ができるまで、サポートし、無料で営業支援まで行います。
 
出版でブランディングして、ビジネスを加速させたい人は、是非おいでください。東京以外にも、全国各地で開催しております。
http://tokurin.info/publication/index.html

IMG_8456

【五反田のサロンで、山田稔出版実現セミナー開催中です】    

2017-09-16

出版プロデューサーの山田稔さんのビジネスモデルや出版手法は、
他の出版コンサルタント、出版プロデューサーの方とはかなり異なります。

山田さんの本業は編集プロダクションの経営者です。

彼のプロデュースで出版すると、彼の会社が書籍の制作を請け負います。
 
ですので、彼の会社には編集費などが入ります。

そのため、著者から高額の参加費や契約料を取らずに、総額2万円で本の出版をサポートしています。

一度出版実現セミナー、出版企画勉強会に参加すると、
参加者の出版企画書が完成するまで無料で指導を受けることができ、出版社への営業までしてもらえます。

他の出版プロデューサー、出版コンサルタントの方とは、キャッシュポイントが違うわけです。
 
素晴らしビジネスモデルだと思います。
http://tokurin.info/publication/index.htmlIMG_8446

【レイ・クロックの自伝映画ファウンダー】

2017-08-04

マクドナルドの創業者、レイ・クロックの自伝映画、「ファウンダー」を見てきました。
 
この映画は、優れた伝記映画であり、成功するために手段を選ばないレイ・クロックの本質をコミカルに描くことに成功しています。
 
マクドナルドの創業者(ファウンダー)として知られている、レイ・クロックは実は、創業者ではありませんでした。実際にマクドナルドを作ったのは、マクドナルド兄弟であり、レイ・クロックは、それを広める役割を担いました。レイ・クロックは、自分の強みをよくわかっていました。自分には、0から1を築き上げる能力はないと。レイ・クロックは、長年つちかったセールスの技術と人脈を使い、マクドナルドをアメリカはもちろん、世界中に広めた歴史上の偉人です。
 
映画でも描かれていますが、マクドナルドが大成功した理由の一つが、ビジネスモデルの変更です。
 
ハンバーガーをいくら売っても儲ける金額は小さいのです。そうではなく、マクドナルドのフランチャイズを、フランチャイズのオーナーに土地をリースするという不動産業というビジネスモデルに変えました。しかしレイ・クロックは、マクドナルドをマクドナルド兄弟から、奪い取った野心家でもあり、3人目の妻も、ビジネスパートナーから奪い取るという豪快な人物でもありました。
 
マイケル・キートン演じるレイ・クロックは、ヘビのようなしつこさ、ゴキブリのような図太さ、どぶネズミのような汚さがありますが、どこか憎めない男なのです。その理由は、彼の果てしない夢を追い続ける子供のような純真さにあるのだと思います。単なる野心家ではない、それ以上にスケールの大きなビジョンを持った優れた経営者でもありました。
 
私は、ドイツの哲学者ショーペンハウエルのことばを思い出しました。ショーペンハウエルは、成功には三段階あるといいます。
 
第一段階 笑い者にされる
 
第二段階 激しい抵抗と反対に遭う
 
第三段階 そんなことはわかっていると同調される
 
ショーペンハウエルは、歴史上でも屈指の皮肉屋です。このことばにも、当然皮肉がたっぷりこめられています。多くの人は、笑い者にされるぐらいなら、死んだ方がましと思うかもしれません。多くの人は、激しい抵抗と反対に遭ったら、あきらめるでしょう。だから、世の中に成功者は少ないのです。レイ・クロックはまさにこの成功の階段を登り詰めた数少ない人物です。
 
レイ・クロックは、成功の秘訣を
「perseverance (やる続けること)」だと言っています。
 
結果、彼の周りにいた人々は、信じられないような出世をして、大成功していきました。彼ほど、多くの成功者を産んだ人物はあまりいないでしょう。今の日本なら、孫正義さんでしょうか。歴史上の日本の人物なら、織田信長が思い出されますね。

ファウンダー

小松美羽さんの個展最終日

2017-06-11

本日は、小松美羽さんの個展の最終日でした。
 
小松美羽さんは、今、日本で最も注目されているアーティストです。
 
岡本太郎をほうふつとさせる、力強さと日本古来の伝統をモチーフとしたような作品を描きます。
 
発想の原点は、故郷長野で子供のころに見た、神獣です。
 
絵もすごいですが、一人一人の人に丁寧に対応する人間性が素晴らしいですね。
 
「美しすぎる銅版画家」というコピーがまったく必要ないぐらいの、本格派のアーティストでした。
小松美羽さん写真大

長崎県の世界遺産 軍艦島

2017-06-04

日曜日に長崎県の世界遺産、軍艦島に行ってきました。
 
廃墟の島です。三菱によって、炭鉱の島として、開発されました。
最盛期は、東京23区の9倍の人口密度で、5,000人以上が住んでいました。しかし、時代の流れの中で、国のエネルギー政策が、石炭から、石油に変わったことから、1974年に、炭鉱は閉山、島ごと閉鎖されました。
 
軍艦島は、日本の未来を先取りしているとも言われています。地方では、少子化、高齢化などが急激に進んでいるからです。モナコ、香港に並んで、世界新三大夜景に選ばれている、長崎最高の観光名所、稲佐山でさえ、夜景の光度は、10年前より格段に落ちているそうです。
 
理由は、空き家になったところに住む人が少ないからです。地方に行くとこのような話をよく聞きます。また、時代の激しい変化に、対応できずに、なくなって行く、企業もあります。
 
元島民の坂本道徳理事長が専属ガイドを務めるツアーはオススメです。軍艦島のリアルな話が聞けるだけでなく、坂本理事長の軍艦島への情熱に圧倒されるからです。

軍艦島

坂本光司先生の中小企業論最終日

2017-06-02

本日はベストセラー「日本で一番大切にしたい会社」の著者で、法政大学大学院教授の坂本先生の、中小企業論の最終日です。

会場を、大学から、レストランに、移して行われています。

三軒茶屋にあるレストランアンシェーヌ藍は、日本で唯一の障害者が働く、フレンチレストランです。

創業9年目、18名の障害者が働いています。

障害者の全国平均月収は、14,000円程です。

少しでも高い給与を障害者の方に払いたいという想いがあります。

坂本先生のご支援もあり、今では、安倍首相のお母さん様の誕生会が開かれたり、売り上げも毎年上がり続けているそうです。

シリーズ全5巻累計70万部のベストセラー「日本で一番大切にしたい会社」は、
そもそも、最初の本の一番最初に載っている、全社員の7割が障害者という日本理化学工業を救うために書かれました。

坂本先生のやりたいことは、本当にいい会社を応援したいということなんですね。

IMG_7591

【五反田で、山田稔出版企画勉強会を開催しました】

2017-05-28

 申込者が多かったので、特別に午前の部と午後の部に分けました。
  
何かを達成するためには、的確なフィードバックが勝負を分けます。

山田稔出版実現セミナーの出版率と満足度が高いのは、まず出版実現セミナーで、山田さんの出版ノウハウを学びます。

これが教育の教える方です。
  
出版企画勉強会で、実際に自分の出版企画を発表してもらい、他の受講者と山田さんから、フィードバックをもらいます。

こちらが教育の育てる方に当たります。人は教わったことを実践して、実践したことの的確なフィードバックをもらって、初めて成長します。

フィードバックを得るために、時間とお金をかける価値は十分にあると思います。

IMG_7555

【五反田のサロンで、山田稔出版実現セミナー開催中です】    

2017-05-27

出版プロデューサーの山田稔さんのビジネスモデルや出版手法は、他の出版コンサルタント、出版プロデューサーの方とはかなり異なります。

山田さんの本業は編集プロダクションの経営者です。

彼のプロデュースで出版すると、彼の会社が書籍の制作を請け負います。
 
ですので、彼の会社には編集費などが入ります。

そのため、著者から高額の参加費や契約料を取らずに、総額2万円で本の出版をサポートしています。

一度出版実現セミナー、出版企画勉強会に参加すると、参加者の出版企画書が完成するまで無料で指導を受けることができます。

他の出版プロデューサー、出版コンサルタントの方とは、キャッシュポイントが違うわけです。
 
素晴らしビジネスモデルだと思います。

http://tokurin.info/publication/index.html

IMG_7545

« Older Entries

■仕組み経営に興味のある方は以下をクリックしてください。

マイケルE.ガーバーの教え「起業家の神話」

「起業家の神話」2時間集中講座

世界一のスモールビジネスアドバイザー、マイケルE.ガーバー 起業家の神話

無料メールセミナー

仕組みかワークシート

事業計画書フォーマット

口コミマーケットプランフォーマット

「社長が3ヶ月いなくても成長する会社を創る方法」5000円有料動画セミナー

無料オンライン講座

「忙しいけど、売上が伸びない。」「自分がいないと会社が回らない。」「個人事業主から抜け出せない。」 もしあなたがこのような悩みを抱えているのであれば、「起業家の神話」は役に立つでしょう。世界70,000人の起業家を救ってきた処方箋のエッセンスがここに書かれています。詳細はこちら

Copyright© 2012 Think&Do 株式会社 All Rights Reserved.